人気ブログランキング |

1939's〜1945's French Military Prison Guerre Work Jacket

こんにちは。

商品紹介です。


だいぶ希少な個体かと思います。








1939\'s〜1945\'s French Military Prison Guerre Work Jacket_f0370108_14453757.jpg

パッと見普通のワークウェア然としたジャケットですが、実はMilitary.



しかも...




1939\'s〜1945\'s French Military Prison Guerre Work Jacket_f0370108_14452418.jpg


薄くなっていますが、"PG"の文字が読み取れます。

French Military "Prison Guerre" Work Jacketの紹介です。

PGとは Prison Guerre 捕虜を意味するフランス語です。 フランス軍に捕まったおそらくドイツの捕虜が何らかの作業をする際に逃げられない様に
着せてい個体です。

アメリカで言うところのPW (Prison of War)と同じ意味のジャケットです。

Militaryの要素も Workwearの要素も備える個体でもあります。




1939\'s〜1945\'s French Military Prison Guerre Work Jacket_f0370108_15090447.jpg



1939年ドイツのポーランド侵攻をきっかけにWW2に参戦したフランス。

ドイツの勢いは物凄いものがあり、僅か半年後の1940年には首都Parisを無血開城、ドイツに対し休戦協定を交わします。

更に1942年にはフランス全土が占領され、兵士の数も10万人程度にまで激減します。

もうお分かりだと思いますが、フランスが捕えたドイツ兵の捕虜の数は非常に少ないんです。僅か半年しか戦っていないですからね。

ですので、現存する球数自体が恐ろしい程少ないアイテムでもあります。





1939\'s〜1945\'s French Military Prison Guerre Work Jacket_f0370108_14453187.jpg



生地は薄手のコットンファブリック。

冬用のウール地のジャケットもあるらしいので、こちらは春夏用なのだと思います。

ボタンは全て"Military Equipment"の刻印が入るメタルボタンですが...

戦時中貴重なメタルを捕虜の為に使うとは考えにくいので、オリジナルはウッドなどの天然素材から付け替えられているのではなかろうかと思います。

資料を確認したいのですが、資料自体が見つからないので、憶測の域を出ません。

もちろんメタルがオリジナル説も捨てられないので、説の一つとしてお考えください。




1939\'s〜1945\'s French Military Prison Guerre Work Jacket_f0370108_14453435.jpg


年代は30's〜1945年前後(Eng of WW2)

パターン自体は30'sのパターンですが、混沌としていた時代のため、40'sの可能性も十二分に考えられます。




1939\'s〜1945\'s French Military Prison Guerre Work Jacket_f0370108_14452193.jpg

背面だけでなく、左腕にP 右腕にGの文字が。

普通に着られる状態で出てくる事自体が非常に少ないのですが...サイズ感も良く




1939\'s〜1945\'s French Military Prison Guerre Work Jacket_f0370108_14451007.jpg



178cm/68kg の私が着用して非常に良いサイズ感です。

Jacket 30's〜40's French Military Prison Guerre Work Jacket
※Web Shop未掲載商品です。 お電話・メール・DMにてお問い合わせください。

Pants M47 Field Trousers 私物

サイズ感も含め中々良い個体かと思います。

ではまた。


大阪府大阪市西区北堀江1-22-18
山崎ビル2F
Tel 06-6535-3335
Mail gon.ishihata@dig-upper.com
Web Shop ◆http://digupper.net/◆ クリックするとWeb shopにジャンプします。





by digupper | 2020-07-17 16:08 | ファッション | Comments(0)