人気ブログランキング | 話題のタグを見る

80's Barbour BEDALE 4フラップ

こんにちは。

本日は告知から。
誠に恐れ入りますが、明日9/6はお休みをさせて頂きます。
また、9/7〜は通常通り12:00〜営業を致します。
何卒、よろしくお願い申し上げます。


さて、商品紹介です。
ちょっとまだ先ですが、これを。



80\'s Barbour BEDALE 4フラップ_f0370108_14403504.jpg
◆80's Barbour 4 Flap 3Crest◆¥33,000 Thank you HOLD

お問い合わせがあり、お取り置きになってしまったのですが中々見られないビデイルなので
ご紹介を。


あまり嫌いな方はいらっしゃらないのではないでしょうか?


80\'s Barbour BEDALE 4フラップ_f0370108_14404776.jpg



もともと、イギリスの北海近辺の過酷な環境で働く男達のために防水性・防風性に富んだジャケット・コートを
作っていたBarbour and Sons社。
その頑丈な作りから、ロイヤルネイビーやNATO軍、イギリスのインターナショナル・モーターサイクルチーム
にユニフォームを納入するなど、いわばイギリスのMOD(イギリス国防総省)お墨付きのブランドと言っても過言では
ないブランドなんですね。

その後、エジンバラ公・エリザベス女王・チャールズ皇太子よりロイヤルワラントを授かり押しも押されもせぬ
イギリスを代表するジャケットとして認知されています。


さて、このBarbour 何が珍しいって


80\'s Barbour BEDALE 4フラップ_f0370108_14404144.jpg
俗に言う4フラップなんです。
1980年代のBEDALEが発表されてから、わずか数年しか作られていない希少なタイプ。

このBEDALE (ビデイル)という形は元々乗馬用として開発された経緯を持つジャケットです。
前かがみの姿勢になる乗馬では、この胸ポケットはあまり役たたない事は容易に想像が付きます。

ですので、この胸のフラップはわずか数年で廃止。
そして今現在まで続く斜めに入るスラントポケットが使用されました。
この大きなモデルチェンジはBEDALEのみに見られるもので、それだけにVintage Barbourの中でも
特に人気のある形です。




80\'s Barbour BEDALE 4フラップ_f0370108_15310082.jpg

そして、さらに希少な34インチ。
このサイズは中々出ないと思います。
特に80'sのBarbourは90'sなどに比べてサイズが少し小さめになります。
ですので、34〜40インチくらいまでは僕たち日本人でも違和感なく着用できるサイズなんです。

80\'s Barbour BEDALE 4フラップ_f0370108_15402566.jpg
オイルの抜けもなく、汚れや破れなどもないグッドサイズ・グッドコンディションです。


ちなみに、現地イギリスでもBarbourのコンディションの良いのは中々出てこないんですよね。
秋・冬とイギリスに行き分かったんですが、現地でもVintage Barbourの需要がすごいあってローカルの人たちも
結構着ている人が多いんです。
余談ですが現地での発音は「バーヴァ」もしくは「バーバー」


さて、お客様にご了承を頂いたのでスタイリングを。

80\'s Barbour BEDALE 4フラップ_f0370108_16175581.jpg
Jacket ◆80's Barbour 4 Flap 3Crest◆ ¥33,000 Thank you HOLD
Cotton Knit◆ROYAL MER Breton jumper◆ ¥13,800+Tax クリックすると商品ページにジャンプします。
Shoes◆ALDEN Suede loafers◆ ¥27,000+Tax

これ、ノーパンでどうぞって意味ではないですよw
オリーブのBEDALEは軍パン以外は何でも受け入れてくれるジャケットなのでパンツは入れませんでした。
定番どころで言うとデニムにチノパンってとこでしょうか。

同じBarbourのフィッシングバッグ、スウェードローファーを使って、上品なアウトドアなスタイリングです。



アップにすると

80\'s Barbour BEDALE 4フラップ_f0370108_16180141.jpg
まだ少し先の格好ですが、先の季節の服装を考えるのも楽しいですね。
いろいろ重ね着ができるのも、秋冬の良いところです。


この BEDALEはHoldになってしまいましたが、今回Vintageのグッドサイズ・グッドコンディションのBEDALEを
いくつか仕入れています。
ブログ、Web Shopでのご紹介はもう少し先になるかと思いますが、気になる方はお気軽にお問い合わせ頂ければと
思います。



大阪府大阪市西区北堀江1-22-18
山崎ビル2F
Tel 06-6535-3335
Mail gon.ishihata@dig-upper.com
Web Shop ◆http://digupper.net/◆ クリックすると商品ページにジャンプします。


















by digupper | 2017-09-05 18:49 | ファッション