人気ブログランキング |

こんにちは。


また久しぶりの更新になってしまいました。

まずは、お知らせからです。
バタバタしていて、Web Shopの更新が遅れていたのですが、何とか今回入荷分を掲載する事が出来ました。
Special品を含め、良い内容でご紹介できているかと思います。
◆http://digupper.net/◆ よりご覧下さいませ。

今回も大変申し訳ないのですが、着用画像より掲載を優先させた為、着用画像がご用意できておりません。
着用画像が必要な方は、メール・InstagramのDMにてお申し出下さいませ。
個別になってしまいますが、お送りいたします。

もう一点。
来週の火曜日(9/17)はお休みとさせて頂きます。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいませ。


さて、商品紹介です。




f0370108_17211024.jpg

非常に希少なジャケットが入ってきています。

FranceらしいInk Blueが目を惹く一枚。

全体像はこんな感じです。




f0370108_17211936.jpg

その独特の着丈から"Cyclist Jacket"(自転車乗り)の愛称を持つ一枚。
実際に自転車用として開発されたかと言うと、そうではなく実際にはメカニックに支給されていたというから驚きです。



f0370108_17211688.jpg

生地はFrench VintageらしいMoleskin.
撮影の際、光が入ってしまったので色が飛んで見えますが、実際の色残りは良好です。

実は、Cyclist JacketにMoleskinが採用されているというのが結構珍しく、通常はジップタイプのコットンツィルです。
この形が採用されていたのが〜60's前後まで、Moleskinが採用されていたのは40's前半までと言われています。
なので、この形のMoleskinは中々流通しない希少タイプ。
個人的にも長い事探していたので、ホクホクですww


ちなみに....



f0370108_17211340.jpg

作り手はFrench WorkwearのTop Label "Le Mont St Michel"
St Michel製のCyclistなんて初めて見ました。
球数はだいぶ少ないはずです。


サイズ感も良く、コンディションも良好です。
では、サイズ感を。



f0370108_17210658.jpg

Jacket ◆30's〜40's "Le Mont St Michel" Ink Blue Moleskin Cyclist Jacket◆ 全てクリックすると商品ページにジャンプします。

178cm/66kg

ジャケット・パンツともに良いサイズ感です。
通好みの、この丈感は Royal ArmyのBattle Dress JacketやBarbourのSpeyなどにも通ずるものがあるでしょうか。
ちなみに、German Trainerは275のみラスト一点となっています。



f0370108_17210386.jpg

前を開けても良い雰囲気でしょうか。
Moleskin Jacketでも希少種に分類されるので、通常のカバーオール型をお持ちの方や、少し変わったMoleskinを...
という方にも良いのではないでしょうか。


今回合わせたパンツは...



f0370108_17552718.jpg

French Armyの傑作 M52 Chino Trousers.


f0370108_17553498.jpg

今回幸運にもウェスト3表記の、いずれも80cm〜82cm程度のウェストサイズでご用意しています。
大きいサイズしか見つからない中、このサイズ感は結構希少かと思います。


こちらは、いずれ今後のブログで!


ちなみに、こんなのも。
こちらもGood Sizeです。

f0370108_17553797.jpg

オリジナルM52のフラップ無しなんてのもあります。

ぜひこの機会にお試しください。


大阪府大阪市西区北堀江1-22-18
山崎ビル2F
Tel 06-6535-3335
Mail gon.ishihata@dig-upper.com
Web Shop ◆http://digupper.net/◆ クリックするとWeb Shopにジャンプします。





# by digupper | 2019-09-13 19:01 | ファッション | Comments(0)

Spin-Off of Buying Trip!

こんにちは。

先日(9/2) 海外出張から無事に帰国しました。

5日・6日とも平日にも関わらず大変多くのお客様にご来店いただき、賑やかな日になりました。
誠にありがとうございます。

さて、今回Special Pieceや結構なVintageを中心にご用意しているんですが、その前に
スピンオフとして、出張の裏側からお伝えしていこうと思います。

Vintage達は後日改めて詳しくご説明を致します。


さて....




f0370108_16552033.jpg
今回の出張先も世界でも指折りのVintage大国Thailand.

滞在日数が3日半とタイトスケジュールで、めちゃめちゃハードでしたw

気温は32℃程で、この時期の大阪と大きくは変わりませんが、湿度が200%くらいに感じる位ベッタベタ。
これには本当に辟易しました。

空港を出て1時間後にはディーラーの倉庫にいたんですが、その倉庫の中は18℃。
なんでもタイでは家や倉庫の温度で歓迎しているかどうかを表すらしく、18℃は「本当に歓迎していますよ」という事なんだそうです。
涼しいのは結構なんですが、外気との温度差がありすぎて頭がクラクラしてきますww
ホテルの客室に至っては設定温度16℃ www
少し風邪をひきました。



f0370108_16552359.jpg


1日目を終えて、ホテルに戻ったのが深夜0時前。
この時間でも屋台が開いているんです。


お目あては....


f0370108_16551785.jpg

グリーンカレー。
日本のグリーンカレーに比べ、味が薄くシャバシャバ。
今回も最初の二日感はグリーンカレーだけ食べました。

このグリーンカレーを食べ終えたのが、0時半くらい。


f0370108_16551422.jpg

深夜1時を回ろうかという時間で、この賑わい。
色々な国の人が行き交い、様々なモノが売られているカオス感。
この通りが大きいクラブの様になっていて、ビール片手に歩くだけでも楽しめる通りです。


翌日




f0370108_16550188.jpg

タイの名物の一つにバイクタクシーがあります。
ホテルから離れた場所のディーラーに会いに行くのに、このバイクタクシーを利用したんですが、結構飛ばすドライバーでした。
平均時速80km (体感100km)で1時間乗っていましたw

ディーラーの倉庫に着いて、「バイクタクシーでRambuttriから来たんだ。」と伝えると...「お前バカじゃないか」と言われました。
ローカルでもバイクタクシーに1時間乗る事は滅多になく、通常はタクシーを使うんだそうです。
まぁ、当たり前っちゃ当たり前ですね。


このディーラーの倉庫が本当に当たりで、結構なVintageが出るわ出るわ。
ユーロ本国でも見られない個体が結構ありました。
もちろんGetしてきていますww


その翌日

Bangkokから古都Chang Maiに行ってきました。

残念ながら、ここのディーラーの倉庫ではお目当てのモノは無く、わざわざChang Mailまで行って一個しかし入れなかったという愚行を犯した僕。
沈んだ気持ちの中街を歩いていると、様々な寺院が見えてきます。
社寺仏閣には全く興味がないんですが、暇つぶしを兼ねて見てみると凄いんです!



f0370108_16551189.jpg

ここは Chang Mail Temple

奥に見えるのが本殿、手前が大象仏塔。
これを見る為に来たんだと思えば良いんだと思える位素晴らしい建物でした。

この後タイ古式マッサージを受けました。
日本円で800円くらいw
おばちゃんに体を踏まれたり、パロスペシャルをかけられたりハードな施術でしたが、だいぶリフレッシュできました。
このマッサージ屋で何故か靴下を片方だけ無くしました。



f0370108_16550518.jpg

タイで大変オススメしたいのが、練乳入りのコーヒー。
軽いコーヒーに練乳が入っていて、身も心も癒されます。
甘ったるいのが癖になる美味しさですw



f0370108_16545532.jpg

今回だいぶ濃い、良い内容でVintage, Special Pieceをご用意できたかなと思っています。
MoleskinやフレンチのPure Linen, 希少なVintage Militaryなど幅もございます。

また、お問い合わせは、9/8(日)12:00〜 お電話・メール・DMにて承ります。
入荷した商品などは、インスタグラムの「ストーリー」にてご紹介を致します。
他のお写真はDMにてご連絡を頂けますと、よりスムーズにご対応ができるかと思います。

なお、ご返信ができない時間帯もございます。
予めご了承くださいませ。



大阪府大阪市西区北堀江1-22-18
山崎ビル2F
Tel 06-6535-3335
Mail gon.ishihata@dig-upper.com

# by digupper | 2019-09-06 18:03 | ファッション | Comments(0)

Buying Trip 8/30〜9/4!!

こんにちは。

だいぶ久しぶりの更新になってしまいました。

先日(と言ってもお盆ですが...)のFrench Vintage Archives開催の時は関西・関東・九州の方や海外からのお客様など
本当に沢山の方にお並び・ご来店を頂き、賑わったお盆になりました。
誠にありがとうございました。




f0370108_16274912.jpg


さて、告知です。
Instagram・Web Shopで告知をしておりましたが、明日8/30〜9/4まで海外出張のためお休みを致します。
9/5(木)より通常どおりの営業ができればと思っています。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいませ。
なお、上記期間中にWeb Shopにてご注文頂きましたお品物は、9/5より順次ご対応致します。
こちらも併せてご了承下さいませ。


今回の買い付け地も前回同様、世界でも有数のVintage大国タイ。
前回初めて行きましたが、聞きしに勝るVintage大国でした。

さて、昨日フランス本国よりVintage第二弾も入荷をしました。
9/5は、そちらと合わせてフレッシュな顔ぶれでお迎えができればと思います。
買い付けに関しては、まだ何が出るか分かりませんが、フランスからの入荷分は結構濃い内容で入荷をしています。

現地の情報やフランスからの入荷分は、小出しになってしまいますが、Instagram(主にストーリー)でご紹介ができればと思います。

また、お問い合わせ開始日などは帰国後改めてご紹介を致します。
(毎度の事で申し訳ありませんが、Web Shop掲載にはお時間を頂いてしまいます。 誠に申し訳ありません。)


今回もおそらく主食はグリーンカレーww
前回グリーンカレーネタだけでブログ2回位書けるんじゃないかって位食べてきましたw
あれだけ食べた割に前回ブログで書いたのは僅か2行でしたからねー。
今回はもう少し掘り下げたグリーンカレーネタが書ければと思いますw



本当にご報告のみになってしまいましたが、皆様に楽しんでもらえるものを仕入れて来れればと思っています。

タイ料理は非常に美味しかったですが、衛生状況に難ありなので、お腹を壊さない様に行ってきますww

では、9/5フレッシュな顔ぶれでお待ちしております。


大阪府大阪市西区北堀江1-22-18
山崎ビル2F
Tel 06-6535-3335
Mail gon.ishihata@dig-upper.com

# by digupper | 2019-08-29 17:04 | ファッション | Comments(0)

French Vintage Archives!!!

こんにちは。

久しぶりの更新になってしまいました。

まずは告知から。

明後日8/10より、秋の正式な立ち上げといたしまして、希少なFrench Vintage Itemsを集めたイベント
"French Vintage Archives"を行います。
お盆初日という事もあり、お忙しいとは存じますが、お誘い合わせの上ご来店いただければ幸いでございます。
また、上記イベントに伴い、8/9は準備日としてお休みを致します。

まだ暑いですが、結構なボリュームと内容で集めたので、見ていただいて損な内容ではないかなと思います。

店頭では8/10 12:00〜
お問い合わせは、8/11 12:00〜お願いいたします。

また、Web Shop掲載にお時間を頂いてしまいますので、気になる商品ございましたら、お電話・メール・インスタグラムのDMにてお問い合わせくださいませ。
お写真なども含め、ご対応させて頂きます。
なお、ご返信が遅くなるお時間帯などもございます。
何卒ご了承くださいませ。




f0370108_16320354.jpg

本当に少しづつになりますが、ご紹介を致します。
Web Shopへの掲載にお時間を頂いてしまいますので、気になる商品ございましたら、お電話・メール・InstagarmのDMにて
お問い合わせください。
通販にもご対応致します。



まずは。

Militaryから


f0370108_17120027.jpg

気になる方も多いでしょうか。
名作M47 Field Trousers.
全てDead Stockで10本仕入れています。


f0370108_16321149.jpg
サイズ内容も文句無しでしょうか。
中々Dead Stockでは出回らないサイズです。

M47はサイズの詳細を明記します。
ご参考になさってください。

ウェスト×レングスで明記します。

11 No1 81×69 No2 80×67.5

21 No1 81×75 No2 78×75 No3 80×76

32 No1 86×75 No2 84×75 No3 86×76 No4 86×76

33 No1 88×80

いずれもDead Stockです。



f0370108_17051934.jpg



50's French Army Smock Parka

登山部隊に支給されていたと言われる被りタイプのスモック。
大ぶりなフード・ボリューミーなシルエット・長い着丈など良い意味で癖のある「名品」ではないでしょうか。

上がツリ目・下がタレ目な独特のディテールも面白いです。
秋なんかには本当に使いやすいアイテムです。
まとまった枚数を一気に見られる機会もそう多くないと思います。


f0370108_17120701.jpg

コンデイションはDead Stock〜Good Condition.
いずれもGoodです。



f0370108_17153856.jpg


60’s M47 Field Jacket

今回はジャケットもご用意。
乾燥機にかけた "After Washed" と 未洗いの "Before Wash"をご用意しています。
こちらも、いずれもDead Stockです。



f0370108_17153560.jpg


手の込んだ作りが非常に良く、秋口なんかにも良いのではないでしょうか。
ウェスト部分はドローコードで絞れます。
サイズは全て26.
サイズ表記よりも若干短めかなという印象でした。
通常のジャケットとして着るのであれば、良いサイズ感です。


Hunting




f0370108_17204665.jpg

French Vintageの中でもfabricの多様性を感じられるプロダクトの多いHunting items.
こちらもしっかりと集めています。

特にジャケットは多様性に富み、Canvas,Corduroy,Piqueと定番どころご用意がございます。
ベストは全てCorduroyです。

一枚を除き、全て希少な動物ボタンでご用意しています。



f0370108_17205219.jpg
希少なキャンバスのハンティングジャケット。
カラーもGoodです。



f0370108_17204915.jpg
ジャケットよりも球数の少ないVest.
こちらは何とDead Stock, ボタンの数が7つボタンの30's 前後の Old type.

他のアイテムも全体的にコンディションは良好です。



f0370108_17482877.jpg

DIG UPPERでは欠かすことの出来ない秋のアイテム。
Moleskinも勿論ご用意しています。

この内半分がDead Stockしかも、ほとんどゴールデンサイズの44〜46の素晴らしい内容です。
French Workerを象徴するWorkwearと言っても過言ではない一枚。


f0370108_17483774.jpg
やはり安心感があります。
このタイプは全て50's.



f0370108_17483420.jpg
非常に希少なCyclistもございます。

メカニックの為に考案された独特の着丈の一枚。
その着丈からCyclist (自転車乗り)の愛称を持ちます。
ちなみに、Le Mont St Michel社製です。

こちらは大分古くて30's〜40'sです。

こちらもWorkwear




f0370108_17551363.jpg

French Farmer (農夫)が農作業の際に着ていたFarmers Smock.
グランパシャツの愛称で知られる一枚です。

今回は年代・パターン共に大分絞って集めました。
年代はいずれも1900's〜30'sまでの個体。
パターンもこの年代以降使われていない珍しいパターンで集められたかなと思います。
襟もカラーレス・ボタンダウン・ラウンドカラー・ポインテッドカラー・アタッチドと全てご用意ができました。

例えば...


f0370108_17551663.jpg

非常に希少なマイクロ・スクウェア・パターン。



f0370108_17551056.jpg

ラウンドカラーの単色ストライプなんてのもあります。

いずれも現地の資料でしか見た事の無いパターンが多いです。
この手のアイテムがお好きな方には堪らないパターンではないでしょうかww


他にも



f0370108_18052984.jpg

襟・袖・前立てに装飾の入った休日用の "Sunday Shirt"や"Holiday Shirt"と呼ばれる個体もございます。
ごついオジさんが、こんな可愛らしいシャツを着ていたと思うと滑稽ですが、可愛らしくもあります。


ここからは単品モノを。



f0370108_18100697.jpg
50's Double Breasted/ Stand Collar Painter Jacket

スタンドカラーにダブルブレストの珍しいディテールが詰まった一枚。
ぱっと見クックジャケットに似ていますが、実はPainter Jacketです。
コンディションはDead Stock.



f0370108_18101099.jpg

このダブルでスタンドカラーなんて贅沢な仕様です。
ガッシリしたコットンドリルもGoodです。




f0370108_18240497.jpg

30's Indigo Cotton Metal Buttons Coverall

この年代特有の濃いインディゴで染められたカバーオール。
ポケットにはモンブランが入り、ポケットのカットもこの年代特有の角ばったカットのパターンです。


f0370108_18240879.jpg

ボタンは全てブラックラッカーのメタルボタン。
この辺のディテールもお好きな方多いのではないでしょうか。

胸ポケ下に極小さい穴がありますが、全体的にコンディションは良好です。

一つ一つが結構希少なものなんですが、少しの説明しか出来ないのが何とも寂しいですw
機会があれば、再度ブログで全て詳しくご説明ができればと思います。



f0370108_18364423.jpg

40's French Army Chino Trousers.

ズドンとしたシルエットにメタルボタンが特徴的なFrench chino.
名作として知られるM53の2つ前の形です。

フロント部分にシミが点在していますが、雰囲気抜群です。



f0370108_18364728.jpg

トップボタンと・左バックポケットがアルミボタンになっており、他は"Equipment Military"の刻印が入るメタルボタンです。


f0370108_18364063.jpg

バックポケットはタレ目タイプの希少パターン。
このディテールも非常にGoodです。




f0370108_18452658.jpg
30's French Army Officer Trousers.

希少なホワイトのOfficer Trousers. 本国モノかコロニー(植民地)モノかは定かではないのですが、ドカッとした
この年代特有のシルエットがGoodです。


f0370108_18452973.jpg

ボタンは、おそらくホーン。
生地は30's 40's前後のFrench Chinoと酷似したライトキャンバスの様な生地感です。



f0370108_18453205.jpg
右のアジャスターが欠損していますが、ベルトループ・サスペンダーボタンは全て生きているので、そちらで調整をして頂くのも
良いかなと思います。

Frenchのホワイト・ミリタリーパンツはNavyのエプロンタイプ以外40's後期以降パッタリと姿を消してしまうので、
だいぶ希少かと思います。



ここまでがフランスです。
今回French Vintage Archivesと言っておきながら、他国も少しだけ仕入れていますw


British


f0370108_19023964.jpg
Royal Armyのジャケットの中でも名作との呼び声高いCombat Smock.
中のパッチの自体が消えてしまっているので、正確な年代は分かりませんが、おそらく1960Patternかと思います。

スラントポケットやボタンの形状、そして全体のバランス。
どれを取っても格好いい名作の名に恥じない一枚ではないでしょうか。



f0370108_19024208.jpg

襟の幾重にも重なったステッチなどを見ても手が込んでいるのが分かります。
サイズ感もGoodです。




f0370108_19022900.jpg

こちらも大分レアなものを。

Britishの中でも個体数が大変少ない事で知られる Royal Regiment of Scotland.(スコットランド連隊)
のパレードトラウザーズ。



f0370108_19023328.jpg

スコットランド連隊のパレードパンツというと、ウールのチェック柄が有名ですが、こちらはなんと
コットンドリル。
これは僕も初見でした。
綺麗なシルエットにBritishらしいパターンが非常に良いです。


f0370108_19023674.jpg

サイズも非常に良く、31〜34インチ前後までサイズ調整が可能です。
ちなみにコンディションはDead Stock.
中々出回らない個体かと思います。



Belgium

French Vintageとは切っても切り離せないベルギーのVintageも。



f0370108_19142021.jpg

Early 40's Belgian Old Pattern Workwear

40'sのライトなコットンドリルのワークウェア。
ベルギアンのワークウェアは非常に面白く、パターンはイギリス、しかし生地感はフレンチに似ている独特の道を辿った
ワークウェアが多いです。

30's〜40's前期に見られる前身頃が長く、後ろが短いOld Pattern.
生地はやや薄く、秋口などにも良いのではないでしょうか。
これからの時期的にも使いやすく、幅が広がる一枚でしょうか。



f0370108_19142479.jpg


コンディションはDead Stockです。


f0370108_19142751.jpg

ベルギーのパターンで面白いのが、ポケットの付け方でしょうか。
フレンチに比べ、外側に付いており実際に着ると真横に来る非常に面白いパターンで作られています。
外に逃げるAラインシルエットもGoodです。



f0370108_19140920.jpg

30's Belgian Cotton/Linen Metal Button Workwear.


こちらもベルギアン。
コットンリネンの一枚。
こちらは、ベルギーの炭鉱夫に向けて作られたと言われています。



f0370108_19141785.jpg

ボタンは大きめのメタルボタン。
コンディションは、こちらもDead Stockです。



最後にSpecialを。



f0370108_19375205.jpg
French VintageのTop pieceの一つ Bourgeon

French Military baseの中での作業用として作られた非常に滅多に出回らないSpecial piece.

バサバサとしたリネンの生地感が非常に良いです。



f0370108_19374629.jpg

こちらは30's のSecond Model.
HBT柄が採用される前のモデルです。
シミなどが点在するのですが、それを含めてお楽しみ頂ければと思います。


f0370108_19374902.jpg
Bourgeron特有の肩のV補強も良いです。




f0370108_19374356.jpg

こちらは、 1900's〜1910までの初期型です。
プルオーバータイプはこの年代のみに見られる非常に希少なモデルです。


f0370108_19373952.jpg

襟の高さがあり、良いです。
この襟を折って着るんですが、その折った小さい襟が可愛らしい印象になります。
こちらは何とDead Stock.

初期型Bourgeonをdead stockから着られる機会は非常に少ないと思います。
大変おすすめです。


本当に軽くになりましたが、以上でございます。

中々見られない個体を多く取り揃えられたかなと思っています。
お忙しい中・暑い中になりますが、ぜひお誘い合わせの上ご来店くださいませ。



大阪府大阪市西区北堀江1-22-18
山崎ビル2F
Tel 06-6535-3335
mail gon.ishihata@dig-upper.com



# by digupper | 2019-08-08 20:06 | ファッション | Comments(0)

こんにちは。


本日は告知からです。

明日7/29はお休みを致します。
また、7/30〜は通常どおり12:00よりOpen致します。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいませ。

なお、7/29のお問い合わせはメール・インスタグラムのDMにて承ります。


さて、商品紹介です。

良いモノが入荷しました。





f0370108_13344890.jpg


British Prisoner (Fro Prison Camp?) Sleeping JacketがDead Stockで入荷しました。

中々流通しないBritish Vintageの中でも珍しいタイプかと思います。


先に年代を。



f0370108_13345233.jpg

年代はなんと1945年コントラクト。

60's前後の個体は出回る事もあるのですが、大戦直後の40'sの個体は大変希少ではないかと思います。

プリズナー物にしては珍しく官給品の証でもあるBrowd Arrow(↑)が入るため、純粋なプリズナーでは無く、捕虜向けに考案された
物ではないかと思われます。

この辺もGoodでしょうか。


全体像はこんな感じです。





f0370108_13344546.jpg



特徴的なストライプに大き目のボタン、胸下に付いたポケットなど簡素な作りなんですが、
非常に面白いディテールが詰まっています。

ちなみに、この特徴的なストライプは脱走防止または、脱走してもスグに見つけられる様考案されたらしいです。
Prisoner物ならではのバックボーンでしょうか。

今回 未洗い(Before Wash)と乾燥機にかけた個体(After Washed) の二つのパターンでご用意しています。




f0370108_13343353.jpg

こちらが未洗い。
サラリとした生地感です。

襟のラウンドカラーも40'sの代表的なディテールの一つです。
50's以降は通常の襟(ピークタイプ)になるのに対し、40'sはラウンドカラー。
少し柔らかい雰囲気になります。




f0370108_13344197.jpg


対してこちらが乾燥機にかけた個体。(After Washed)

写真では分かりにくいのですが、未洗いに比べ縮みが入り、生地もフワフワとした肌触りになります。
この肌触りが結構良くて、薄手な事も相まってシャツジャケットの様な雰囲気で軽く羽織れる生地感です。
夏終わりや秋口くらいにも丁度良いのではないでしょうか。


只でさえ球数が少ないVintage PrisonerのアイテムをDead Stockから着られる機会もそう多くないと思います。


ではサイズ感を。



f0370108_15060611.jpg

178cm/65kg 身幅・着丈など全体的に非常に良いサイズ感です。

今時期は袖をロールアップして着るのも良いのではないでしょうか。
ショーツなどと合わせてもGoodです。



f0370108_15060232.jpg

秋なんかは、中にシャツとネクタイで綺麗な感じにまとめても良い塩梅です。
こんな着方もGoodです。



今回合わせたスカーフは


f0370108_15394993.jpg

Royal Air Forceの限られたパイロットに支給されていたEscape Scarf.

その地域へ赴くパイロット数名にのみに支給されており、どこを飛んでいるのか純粋にマップとして、また捕虜になった際は
敵陣の詳細を書き込みタバコやポケットに隠し、持ち帰ったと言われています。

複数の地域を仕入れていましたが残り



f0370108_15395354.jpg

◆1959 Royal Air Force Escape Scarf Dead Stock "Batumi"◆ クリックすると商品ページにジャンプします。

旧グルジア(現ジョージア)のBatumi,




f0370108_15395682.jpg

◆1951 Royal Air Force Escape Scarf Dead Stock "Ankara" クリックすると商品ページにジャンプします。

トルコのアンカラ

の二点でご用意しています。
共にDead Stockでのご用意です。

Prisoner同様、球数が少ないアイテムですので、こちらも是非。


大阪府大阪市西区北堀江1-22-18
山崎ビル2F
Tel 06-6535-3335
Mail gon.ishihata@dig-upper.com
Web Shop ◆http://digupper.net/◆ クリックするとWeb Shopにジャンプします。
Open 12:00〜20:00



# by digupper | 2019-07-28 15:57 | ファッション | Comments(0)